【蛍原もさんまもスルー】<芸人の自覚を忘れた“YouTuber”宮迫の復帰劇>不祥事を起こしても芸能界は大半の人が戻ってくる。問題は..

【蛍原もさんまもスルー】<芸人の自覚を忘れた“YouTuber”宮迫の復帰劇>不祥事を起こしても芸能界は大半の人が戻ってくる。問題は..

1: 2020/02/06(木) 09:29:12.30 ID:y7FbRZSd9.net
ツッコミ気質

写真

 不祥事を起こしても芸能界は大半の人が戻ってくる。問題はどういう段取りで復帰するか――。雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮の復帰は明暗がはっきり分かれた。

 先に復帰会見した宮迫はユーチューブに登場。謝罪から入った。昨年7月の時よりも神妙な顔つきで長々と謝罪。「嘘っぽい」「謝罪の安売り」と非難を浴びた。当面はユーチューバーとして活動を再開するという。亮は事前の告知通りライブ活動で復活後、相方の淳とともに会見。謝罪は手短に、お膳立てした淳のリードで終始笑顔の会見。本来、どんなに頂点を極めたタレントでも復帰は原点に返るのがスジだろう。芸人の原点は舞台。亮は舞台に代わるライブで生のお客の前で芸を披露したが、宮迫は芸人としての自覚を忘れた。

 テレビタレントとしての復活しか頭になかったのか、舞台をユーチューブの場にしただけで、一方的に復活の意思を表したに過ぎない。

■相方・蛍原徹は無視

 さらに、宮迫も相方・蛍原徹に「迷惑をかけた」と思いやりながら、相方に選んだのは協力したユーチューバー。蛍原と一緒に復活の舞台に立つことは考えなかったのか――。そこに宮迫のおごりも感じ取れる。これまでピンとして活躍していた自信が「1人でできる」と勘違いさせたのだろう。非難されるのも必然だった。振り返れば、明石家さんまが宮迫のためにお膳立てした仕事関係者を招いての謝罪会も、時期を間違えたのかもしれない。

 今回の復帰にさんまも「聞いていなかった」と突き放したといわれている。これで宮迫のテレビ復帰も遠のいた。同じ芸人で同じ不祥事を起こした芸人がこれほど明暗を分けるのも珍しいが、2人をサポートしたさんまと淳の明暗も浮き彫りにした。復帰に際して初動の難しさを再認識する。その点、復帰は原点からを実践すべく動き出したのがピエール瀧。昨年6月、麻薬取締法違反で有罪判決を受け執行猶予中の身だが、2月下旬から映画の撮影に参加する。監督を務める仲間の後押しで復活がかなった。

 まずは映画出演からの復活は賢明な選択だろう。昨年11月、合成麻薬所持で逮捕された沢尻エリカ被告の初公判。起訴事実を認めた上で、弁護士に女優復帰について聞かれると、「復帰を語る資格はない」と暗に復帰を否定したが、「復帰したい」などと虫のいいことを言うはずもなく、公判での回答は弁護士との打ち合わせ通りだろう。執行猶予が付くのは確実。後は瀧と同じように復帰のタイミングを待つだけ。解雇しなかった所属事務所のサポートで彼女の原点である映画復帰を選択するのが濃厚。迎え入れる映画界も、「瀧も沢尻も役者として魅力がある人。このまま埋もれてしまうのは惜しい」(映画関係者)という逸材。やはり芸ある者は復活を助ける。

 これがテレビタレントの宮迫や亮との大きな差。最終的な復活先は地上波のテレビだが、2人の復帰を待ち望むほどバラエティー界は人材不足に悩んでいるわけではない。空いた席は仲間内でも狙うシビアな世界。相方の淳ほどピンとして活躍した実績のない亮に、バラエティー復活は至難の業。「大河や朝ドラに出たい」とも語り淳に制止されていたが、意外と本音かもしれない。

(二田一比古/ジャーナリスト)

3: 2020/02/06(木) 09:31:35.79 ID:WydiPxK20.net
ちょうど宮迫がyoutube出した時にさんまがラジオ2週休みなんだよね
本来なら詳しく語るのに
17: 2020/02/06(Thu) 09:52:23
>>3
さんまさんには悪いが松本に世話になってたらもう地上波で復帰出来てた気がする
24: 2020/02/06(木) 10:10:04.98 ID:nz9ztenC0.net
>>17
松本に絞って素直に松本の言う事を聞いておけば
亮が復帰した後徐々にテレビに復帰出来たと思う
今年の笑ってはいけない辺りから徐々に
宮迫は完全に選択を誤った
5: 2020/02/06(木) 09:32:20.10 ID:GvCP78pf0.net
宮迫嫌いだけど瀧や沢尻みたいな犯罪者と並べるのは違うだろ
7: 2020/02/06(木) 09:33:58.83 ID:QuRhDF5M0.net
相方を無視してるのに
相方の横に戻りたいとお涙ちょうだい的には使う宮迫のサイコパス感
65: 2020/02/06(Thu) 11:09:34
>>7
これが違和感あるんだよな
10: 2020/02/06(Thu) 09:36:06
蛍原
「まぁ、そっちでガンバレ」
14: 2020/02/06(Thu) 09:48:00
自分さえ良ければいいっていう全く反省してないのが分かる
これでは芸能界追放
15: 2020/02/06(木) 09:48:57.19 ID:mcIGZ0nv0.net
なんかもっと違う利用じゃないか
ヤクザの放り込んだ爆弾で吹っ飛んだんだからさ
亮は淳を通じてヤクザに話をつけたけど
それをしない宮迫は見せしめとして干され続けてるんじゃないか
19: 2020/02/06(木) 10:02:35.46 ID:TXeVAWqM0.net
「太平サブロー」が「吉本」から独立し数年後に「復帰」したときの条件は
「無条件降伏」だったらしいわな。それが出来てないって事なんやろうな。
どっちにしろ、「吉本の中」だけの「コップの中の嵐」よな。
21: 2020/02/06(木) 10:05:56.24 ID:e0b5wU1R0.net
ユーチューバーにペコペコしてるのは流石に引くわ
23: 2020/02/06(木) 10:07:13.93 ID:zHREvT+H0.net
驕って飛び出して、うまくいかなくて土下座復帰じゃなw
宮迫はさんまがバックについちゃったせいで土下座しないのが
逆に足を引っ張っちゃってるか。
25: 2020/02/06(Thu) 10:12:41
金稼げりゃなんでもいいんだろ
YouTuberで成功したらそれで満足する奴だよあれ
26: 2020/02/06(Thu) 10:12:41
芸人としてのプライドを持って欲しい、と他の芸人仲間は思ってるよね、絶対。
リンゴは褒めてたようだけど…。

仮に宮迫がTubeで成功したとしても(失敗しそうだけど)、テレビ業界からお呼びは掛からないんだろうな、と思う。
組んだ相手がまずかった。

29: 2020/02/06(Thu) 10:13:44
そもそも宮迫と亮は謹慎する程の悪事は働いてない
悪いのは反社と繋がりがあった入江
33: 2020/02/06(Thu) 10:16:16
>>29
入江と詐欺グループを仲介した広告代理店社員も現場にいた
って話はいつの間にか報道から消えてたよね
30: 2020/02/06(Thu) 10:14:47
>>29
散々言われてるけど、嘘を吐いて誤魔化して、会社や取引先を振り回したのが悪かった。
31: 2020/02/06(Thu) 10:14:56
逮捕されたような奴が復帰してるのに何で俺がってのはあるだろうな。
橋下も言うように日本は御上が裁けない奴を俺らが裁くみたいな仕事人が多すぎる。
40: 2020/02/06(Thu) 10:25:43
ユーチューバーは復帰じゃないだろ
そんなのアカウント取れば誰でも復帰できるじゃん
39: 2020/02/06(Thu) 10:25:39
芸人がやってる各局の番組にコンビで謝罪周りすればいいんだよ
1分くらい時間もらって迷惑かけてすみませんでした。と
42: 2020/02/06(木) 10:27:31.70 ID:UFBtbhaN0.net
蛍原の隣に戻りたいが、テレビ復帰ではなく蛍原をテレビから引きずり降ろしてyoutubeに出させることだったとはね
46: 2020/02/06(Thu) 10:32:48
人気商売だからな
やったことがなんであろうと見てる人から不快に思われたら下手を打ったということにしかならん
48: 2020/02/06(Thu) 10:36:30
蛍原よりもヒカルを選んだ宮迫
49: 2020/02/06(Thu) 10:39:59
蛍原は宮迫べったりだから
この二人は連絡をしょっちゅう取り合ってる
50: 2020/02/06(Thu) 10:40:56
何で反社とか入江とかインチキYoutuberと絡むかね?
52: 2020/02/06(Thu) 10:41:35
淳が亮の復帰ライブで先輩が亮より先にYouTubeで復帰したのは想定外だったって笑ってたけど相当怒ってんだろうなあれ
59: 2020/02/06(Thu) 10:51:04
昨日のホンマでっかで、さんま「youtubeは敵や」言うてたな
62: 2020/02/06(木) 11:02:09.43 ID:GITiJNF20.net
本音「さんまも影響力大した事ないなあここおってもいつ復帰できるか分からんわクソ」
後日YouTubeで泣きながら「これ以上さんまさんにも相方にも俺の事で迷惑掛ける訳にはいかない
から苦渋の決断でこうなった」って動画流すと思うよきっと
70: 2020/02/06(Thu) 11:25:16
しつこいな、復帰してないだろ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ワード

芸人

新着記事

もっと見る

コメント